岩櫃山とは?

岩櫃山(いわびつやま)は、群馬県吾妻郡東吾妻町にある標高802mの山。鎌倉~戦国時代には「岩櫃城」と呼ばれる山城が存在し、
真田幸村もこの山でひと時暮らしていたと言われている。

岩櫃山へのアクセス

登山口最寄りの駅
群馬原町駅、郷原駅
詳細は下記「岩櫃城跡」パンフレット
参照のこと

東吾妻町観光協会

東吾妻町観光協会では、東吾妻町の観光情報やイベント、魅力について情報発信します。


Iwabitsu Information / 新着情報




関連リンク





岩櫃山頂 パノラマ画像


岩櫃のみどころ





潜龍院跡

真田昌幸が武田勝頼を岩櫃城に迎えいれるためにわずか三日で造ったと言われる御殿の名残。しかし、勝頼は吾妻の地に入ること叶わず、天目山で自刃してしまいました。


岩櫃城本丸跡

岩櫃城において、展望台・指揮台を兼ねた中枢部として機能した本丸の跡地。近くには高い防御力を誇った竪堀跡なども現存しています。


山頂からの景色

岩櫃山は吾妻八景を代表する景勝地としても知られ、山頂から見る景色は格別です。代表的な沢通りコースでの登山は、登山口から山頂まで40分ほどです。


不動の滝

バイパスと岩櫃山の平沢登山口との間に位置する滝。すぐ側まで車で行くことができます。ここから登れる観音山は、金を掘ったとされる洞窟があり、登山もできます。

東吾妻町観光
ボランティアガイド
会長 山野 彊

東吾妻町観光ボランティアガイドは会員が町内どこでもご案内しますが、岩櫃城跡は来年の大河ドラマ「真田丸」の舞台となる事も期待され、希望者が増え、空堀跡などは説明を聞いて気付く事もあって「ガイドしてもらって良く分かった」という声を聞きます。

もう一つの見所は吾妻峡で渓谷の岩場と樹木の組み合わせが絶景で新緑と紅葉の時期が特に見事です。ガイドを希望する時は観光協会までお申し込み下さい。

ガイドお問合せ





岩櫃城跡パンフレットダウンロード




岩櫃山周辺ガイドマップ
ダウンロード




岩櫃山周辺コースマップ
ダウンロード
岩櫃城跡
ダウンロード



クルマ案内図
ダウンロード



岩櫃立体地図
ダウンロード

バス案内図
ダウンロード










Our IWABITSU





準備中

会長 本間 泉

あざみの会

岩櫃城は武田領内の三名城でした

「もし武田勝頼が岩櫃に来ていたら」と思いを馳せ、10年程前に潜龍院跡の整備を始めたのがあざみの会の原点です。竹や雑木に覆われていた荒れ地から石垣を中心に御殿跡が姿を現しました。この御殿跡と岩櫃城跡を生かした活動をしようと「戦国真田の岩櫃城跡探検隊」の企画、開催がスタートしました。今秋で14回目を迎えますが、真田ファン、歴史ハイクファンの多いことには主催者の私たちが驚かされています。

岩櫃山は四季折々の顔を見せてくれますが、特に春の心弾む新緑と岩肌に赤や黄色の飾りを付けた錦秋の季節が格別です。この最高の季節にイベントを開催して岩櫃に訪れる方々との交流は会員にとっても一番の楽しみとなっています。岩櫃山ファン、真田ファンの皆様のご来場をお待ちしています。



実行委員長
斉藤 貴史

「岩櫃城 忍びの乱」
実行委員会

岩櫃山って、戦国の匂いがムンムン。来た者すべてが、ニンニンじゃ!

岩櫃城—。豪快極まりない岩の櫃の顔をした岩櫃山にあった戦国時代の山城です。でも「岩櫃山にあった城」というワンフレーズでは片付けられない。今でこそ植林により全貌は“忍”んでいますが、間違いなく戦国時代を代表する巨大な山の要塞だったのです。そしてこの城を機能的に仕上げ、守っていたのが「日本一の兵」と恐れられ、「真田丸」など数々の武勇を誇った戦国真田。私たち「岩櫃城 忍びの乱」はそんな岩櫃、真田、忍者を題材にした催しを行なっています。老若男女がその魅力に触れられるように合言葉は「歴史で遊んじゃ、うんまくないんかい?」。秋の行楽シーズンを中心に、文化と観光、教養、舞台芸術を結びつけた複合型イベントとキャンペーンを行なっています。テーマが忍びだけに、地域に暮らす特殊能力を持った隠れた人材もフル活用させ、全国からのお客様をお迎えしています。




岩櫃山 -群馬県吾妻郡東吾妻町-


東吾妻町観光協会

0279-70-2110


東吾妻町観光協会




お問合せ

群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町626-2
0279-70-2110
aysk@tohgoku.or.jp
東吾妻町観光協会facebookページ

アクセス

東吾妻町観光協会

電車の場合
JR吾妻線群馬原町駅前
自動車の場合
渋川伊香保インターチェンジから約24km
Google Map

東吾妻町観光協会について

東吾妻町観光協会では、東吾妻町の観光情報やイベント、魅力について情報発信しています。
東吾妻町観光協会WebSite

Created by 東吾妻町観光協会 - Copyright 2015